九州の古楽とオルガン

九州で古楽器演奏とオルガンが聴けるコンサート情報を集めています

8月8日(木)J.S.バッハ・ジュニア・オルガン・アカデミー2019(長崎市)

J.S.バッハ・ジュニア・オルガン・アカデミー2019

みなさん、バッハは好きですか。バッハというと難しいと思いますか。
バッハを楽しく弾くためには、バッハの弾いた楽器であるパイプオルガン、チェンバロを体験することが一番です。
夏休みに普段弾いているピアノの作品をパイプオルガン、チェンバロで弾いてみませんか。

日時:
2019年8月8日(木)
13:00-17:00

会場:
活水女子大学 新戸町キャンパス

対象:
小学校高学年~高校生

詳細は活水学院キリスト教音楽研究所のサイトをご覧ください。


8月2日(金)・4日(日) 2挺のバロック・チェロとリュート(福岡市・北九州市)

リュートと聴く様々なバロック音楽
2挺のバロック・チェロとリュート
チェロの台頭「すべてはボローニャから始まった」

【福岡公演】
日時:
2019年8月2日(金) 開場 18:30/開演 19:00
会場:
日本福音ルーテル博多教会 
福岡県福岡市博多区須崎町3-9
チケット:
一般 3,000円
学生 2,000円(小学生~高校生)
※当日券は500円増し

【北九州公演】
日時:
2019年8月4日(日)開場 14:30/開演 15:00
会場:
図書室カフェ ITOH
福岡県北九州市戸畑区中原西3-2-7
チケット:
3,000円+ワンドリンク・オーダー制
※限定30席
※当日券は500円増し

出演
バロック・チェロ 懸田貴嗣
バロック・チェロ 為国健太
リュート 太田耕平

曲目:
A.ヴィヴァルディ チェロ・ソナタ ホ短調 RV40、イ短調 RV43
D.ガブリエーリ 2台のチェロのためのカノン ほか


※ 本コンサート・シリーズ〔全4回〕は奏者と聴衆のより親密な音楽を通したコミュニケーションを目指して、小規模会場での開催となります。
  座席数には限りがございますので、確実にお席を確保されるには、事前予約をおすすめします。

f:id:earlymusiclover:20190705203728j:plain

f:id:earlymusiclover:20190705203809j:plain


 

 

8月3日(日) 懸田貴嗣氏による「チェロの誕生」特別講座(福岡市)

懸田貴嗣氏による「チェロの誕生」特別講座


2019《リュート古楽器》企画 がお贈りする「リュートと聴く様々なバロック音楽」第3回演奏会〈2挺のバロック・チェロとリュート チェロの台頭~すべてはボローニャから始まった~〉。
これにあわせて、もっと深くバロック・チェロについて知りたい! 知っていただきたい!という思いから、
今回特別ゲストとしてお招きする、日本を代表するバロック・チェロ奏者の懸田貴嗣氏による特別講座『チェロの誕生』を企画!!

17世紀中頃、イタリアはボローニャを中心に始まった「チェロの歴史」。
当地でどのようにしてこの楽器が誕生したのか? その名称の由来は? 初めて出版された曲集とは?
資料と当時の譜例、生演奏を通してバロック・チェロの大家である懸田貴嗣氏が解説します。
貴重な資料と目の前での懸田氏の生演奏付きです!

日時:
2019年8月3日(土)
14:00~(約2時間)

会場:
ギター・リュート音楽教室KITARA
福岡市東区和白3-26-6 左

参加費:
2,500円
※申込人数 8名以上で開催(上限25名)

講師:
バロックチェリスト 懸田貴嗣

 

f:id:earlymusiclover:20190803062420j:plain

 

8月3日(日) チャペルプリエール定期演奏会No.201 ノートルダムと音楽 平和と復興への祈り(福岡市)

Chapel Priere No.201
ノートルダムと音楽 平和と復興への祈り
-生演奏とライブ録音で聴く大聖堂の歴史-」

4月に火災に遭ったパリ・ノートルダム大聖堂
当チャペル専属オルガニスト池田泉は、そのノートルダム大聖堂で3回のリサイタルに出演した人物として取材されるなど、日本国内でもその経験に基づき、ノートルダムを語ることのできる数少ない人物です。
今回、「もっと詳しいノートルダムの話を聞きたい!」という多くの方の声にこたえ、ノートルダムでのライブ録音とパイプオルガンの生演奏を聴きながら、ノートルダム大聖堂についてのトークも楽しむコンサートを企画しました。
プログラムは「破壊と喪失、そして平和と復興への祈り」をテーマとして、ゴシック建築の代表でもある大聖堂の歴史とオルガンの歴史を音とレクチャーで楽しみます。

日時:
2019年8月3日(日)
15:00 開演

会場:
ホテル日航福岡 新館3階 チャペルプリエール
福岡市博多区博多駅前2-18-25

チケット:
全席自由席(いづれも税込価格)
 前売一般 ¥4,000
 前売会員 ¥3,000
 前売学生 ¥2,000 ※小学生~大学生
 当日   ¥5,000  

出演:
オルガン 池田 泉

曲目:
ノートルダムでのオルガンリサイタルのライブ録音
ヴィエルヌ 交響曲第3番嬰ヘ短調より(2011年の録音)
デュリュフレ コラール変奏曲「来たれ創造主なる聖霊」(2017年の録音)
◆パイプオルガンの生演奏
 ヴィエルヌ 交響曲第2番ホ短調より第1楽章
 ヴンダーリヒ ソナタ・トレモランダ・ヒロシマ
 エルガー 威風堂々第一番 他

f:id:earlymusiclover:20190717211311j:plain

 

www.hotelnikko-fukuoka.com

 

7月30日(火)-8月1日(木) 第2回キリスト教音楽講習会 in 九州(長崎市)

第2回キリスト教音楽講習会 in 九州

教会・学校でオルガニスト聖歌隊として奉仕されている方向けの講習会です。

日時:
2019年7月30日(火)-8月1日(木)

会場:
活水女子大学 東山手・新戸町キャンパスほか

詳細は活水学院キリスト教音楽研究所のサイトをご覧ください。


 

7月28日(日) 音楽の庭 Il giardano musicale ヴィオラ・ダ・ガンバとリュートで巡るヨーロッパのバロック(山口市)

-世界的な古楽器の名手によるバロック音楽500年前の大内御前を楽しむひととき-
音楽の庭 Il giardano musicale
ヴィオラ・ダ・ガンバリュートで巡るヨーロッパのバロック


フランシスコ・サビエルが、わが国にキリスト教や音楽を伝えた16世紀、ヨーロッパでは、ヴィオラ・ダ・ガンバリュートがもてはやされていました。
これら2つの楽器は、わが国にも伝わり、織田信長豊臣秀吉も演奏と音色を楽しんだという記録が残っています。
ヴィオラ・ダ・ガンバリュートはその後もさらに発展し、バロック音楽の時代には演奏に欠くことができない楽器となっていきます。
そこで、自然豊かな日本庭園を会場に、両楽器の世界的な名手によるバロック音楽の演奏を楽しむとともに、同じ16世紀に起源をもち、当時の調理法で復元された当時最高のおもてなし料理「大内御膳」を味わうイベントです。

日時:
2019年7月28日(日)
開場 16:30
開演 17:00

会場:
名勝 山水園 池泉庭園
山口県山口市緑町4番60号

チケット:
コンサート+大内御膳 10,000円
コンサートのみ 3,500円(当日は4,000円)

出演:
ヴィオラ・ダ・ガンバ  ホアン・マヌエル・クィンターナ
アーチリュート 野入志津子

曲目:
ドメニコ・ガブリエリ ソナタハ長調
マラン・マレ 組曲ト短調ヴィオール曲集第5巻から
ヨハン・セバスチャン・バッハ 組曲 ニ長調 BWV1007
カール・フリードリヒ・アーベル ソナタニ短調
アルカンジェロ・コレッリ ソナタニ長調 作品5-11 ほか

f:id:earlymusiclover:20190701210505j:plain

www.yuda-sansui.com

 

 

7月27日(土) 下関市立美術館ギャラリーコンサート(山口県下関市)

下関市立美術館ギャラリーコンサート
ヴィオラ・ダ・ガンバリュートで巡るヨーロッパのバロック

日時:
2019年7月27日(土)
開演 14:00

会場:
下関市立美術館 光庭
山口県下関市長府黒門東町1-1

入場無料
※ただし2階でお聴きになる方は、所蔵品展の観覧券をお求めになるか、
友の会会員の方は会員証をご提示ください。

出演:
ヴィオラ・ダ・ガンバ  ホアン・マヌエル・クィンターナ
アーチリュート 野入志津子

曲目:
ドメニコ・ガブリエリ ソナタ ハ長調
アルカンジェロ・コレッリ ソナタ ニ長調 作品5-11
カール・フリードリヒ・アーベル 無伴奏バス・ヴィオラ・ダ・ガンバのための四つの小品 ニ短調
マラン・マレ 組曲 ト短調ヴィオール曲集第3巻から
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ チェロ組曲1番 BWV1007(リュートソロ)

 

f:id:earlymusiclover:20190727071602p:plain